柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「坐骨神経痛」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>特集記事>梨状筋症候群よる坐骨神経痛

梨状筋症候群による坐骨神経痛

梨状筋症候群(坐骨神経の絞扼性神経症)

梨状筋の筋膜炎、筋痙縮、肥厚などによって坐骨神経が絞めつけられ、坐骨神経痛の症状を現し、他の原因がないもの。

(鑑別のポイント)

梨状筋症候群は梨状筋より上部に障害をもたないために脊椎所見はない。前屈、側屈、後屈のテストで腰椎付近の疼痛が誘発されるような場合は、他の原因を考える。

ドットコム(どっとこむ)治療院

上の図のように坐骨神経は梨状筋の下を通っている。中には神経の一部が梨状筋の間を通っているひともいる。

深層外旋六筋

梨状筋、上双子筋、下双子筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、大腿方形筋はあわせて深層外旋六筋と呼ばれ、股関節を強く外旋させる時(野球でバットを振る時やボールを投げる時)に使われます。仙骨や坐骨から始まり、大腿骨の大転子に付着する。治療の現場では中年以降のゴルフが好きな方に梨状筋症候群が多いような気がします。マッサージや鍼灸治療で緊張を緩和させることも必要。この症状の方はマッサージで殿部の筋肉を強く押されるのを好む傾向があります。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

▲このページの先頭へ