柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2013年02月

介護疲れによる事件・事故・裁判2013年02月

 「介護疲れ」91歳妻殺害 逮捕 96歳「一緒に死のう」 

高齢で寝たきりの妻を殺害したとして、奈良県警郡山署は9日、殺人容疑で、同県大和郡山市冠山町の無職、美濃田作次容疑者(96)を逮捕した。「介護に疲れた。自分が先に死ねば寝たきりの妻が困ると思い、一緒に死のうと思った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、8日午後11時~9日午前0時ごろ、居間のベッドで寝ていた妻、ハギノさん(91)の首を絞め、包丁で切りつけて殺害したとしている。
 同署によると、9日午前に訪問した女性介護士が首に切り傷があるハギノさんを発見。連絡を受けて駆けつけた医師が110番したという。美濃田容疑者の首には自殺を図ろうとした切り傷があった。
 ハギノさんは美濃田容疑者と2人暮らし。2年前から病気で寝たきりとなり、訪問介護を受けていた。
 近所の住民によると、美濃田容疑者はハギノさんを「老人ホームではなく、自宅で介護したい」と話し、食事を食べさせるなどの世話をしていたという。

 殺人未遂容疑68歳逮捕 ハンマーで夫を殴る 

十日町署は19日、十日町市寅甲、無職小林キサ子容疑者(68)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、小林容疑者は19日午前8時25分頃、自宅で夫の庄次さん(69)の頭をハンマーで複数回殴り、殺害しようとした疑い。
 小林容疑者は庄次さんと2人暮らし。小林容疑者は庄次さんを殴った後に長男に電話し、長男が小林容疑者宅の近くに住む親族に連絡を取り、駆けつけた親族が119番した。庄次さんは頭に切り傷を負った程度で命に別条はないという。
 庄次さんは認知症を患っていたといい、調べに対して小林容疑者は「介護に疲れた」と供述しているという。

 障害ある長男刺殺 懲役7年求刑=埼玉 

軽度の知的障害を持つ長男を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた川口市、無職柏米子被告(60)の裁判員裁判の論告が22日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)であった。検察側は「強固な殺意に基づいており悪質」として懲役7年を求刑した。
 起訴状などによると、柏被告は昨年3月15日、川口市榛松の自宅で、寝ていた長男・智昭さん(当時36歳)の腹などを包丁(刃渡り約21センチ)で数回刺し出血性ショックで死亡させた、とされる。
 検察側は、柏被告は智昭さんの暴力の対象が次男の妻と生まれてくる子どもに移ることに不安を抱えていたと指摘し、「介護疲れによる事件と同列に扱うことは出来ない」と主張した。
 弁護側は「家族は柏被告を支えていくことを決意している。反省しており、社会の中で償うことも出来る」と執行猶予付きの判決を求めた。

  • TEL:0297-74-5517(10:00~18:00)
  • FAX:0297-84-1308 (10:00~18:00)
  • ドットコム治療院問い合わせフォーム(24時間受付)
  • 訪問マッサージ無料体験申し込みフォーム(24時間受付)
  • ▲このページの先頭へ