柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2010年10月

介護疲れによる事件・事故・裁判2010年10月

寝たきり妻、殺害容疑 介護疲れ?夫逮捕 徳島 

徳島県石井町の民家で、この家に住む無職の武知泰子さん(57)が殺害された事件で、県警石井署は2日、殺人容疑で、夫の契約社員、秀明容疑者(57)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1日ごろ、自宅内の寝室で、妻、泰子さん(57)の頭部にポリ袋をかぶせ、鼻と口を押さえて窒息死させたとしている。泰子さんの遺体は、2日午前に秀明容疑者宅を訪れた女性介護員が発見した。
 県警などによると、秀明容疑者方は夫婦2人暮らし。泰子さんは平成17年ごろから病気の後遺症のため、下半身が不自由でほぼ寝たきりの生活を送り、秀明容疑者が介護していたという。
 県警は介護疲れの可能性もあるとみて動機などを捜査するとともに、4日に司法解剖して死因を詳しく調べる。

車いすの娘絞殺 82歳罪状認める 名古屋地裁初公判 

名古屋市中区の名古屋城内の広場で昨年8月、長女(当時53歳)の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた同市西区、無職石黒一男被告(82)の裁判員裁判の初公判が18日、名古屋地裁であり、石黒被告は起訴事実を大筋で認めた。
 検察側は冒頭陳述で、長女には脳性まひの影響で知的障害があり、身体のまひも進み、車いすで生活していたが「石黒被告は介護を妻に任せて手伝わなかった」と指摘。事件の10日前に妻が急死してからは介護をするようになったものの、「すぐに嫌気がさし、殺害を決意した」と主張した。
 弁護側は「介護疲れで追い詰められており、殺害後は被告も死のうと思っていた」と主張。高齢のうえ、自首も成立しているなどとして、執行猶予付き判決を求めた。

▲このページの先頭へ