柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2010年01月

介護疲れによる事件・事故・裁判2010年01月

介護疲れで母絞殺 息子を逮捕/兵庫県警

 介護に疲れ、重度障害の母親を絞殺したとして、兵庫県警神戸水上署は18日、住所不定、無職浦広一容疑者(51)を殺人容疑で逮捕した。浦容疑者は、神戸市中央区波止場町のメリケンパークにある公衆便所で殺害後、県警に「母親を殺した」と電話し、出頭した。
 発表によると、浦容疑者は同日正午頃、身体障害者用のトイレ内で、母の清子さん(85)の首を絞めて殺害した疑い。
 清子さんは半身不随だったといい、浦容疑者は「介護に疲れた。殺害後に死のうと思ったが、死にきれなかった」と供述している。

鶴岡の元旧櫛引町議妻絞殺:元町議に懲役10年求刑 弁護側は無罪主張 /山形

 認知症の妻を絞殺したとして、殺人罪に問われた、鶴岡市松根、元旧櫛引町議、佐藤敏雄被告(78)の論告求刑公判が26日、山形地裁(伊東顕裁判長)で開かれた。検察側は「介護疲れ殺人とはかけ離れた独善的犯行」として懲役10年を求刑。弁護側は「不幸な事故」と無罪を主張した。
 争点は、殺意を持ち首を絞めたか、責任能力があるかの2点。
 検察側は論告で「3分以上首を強く継続的に圧迫した」との鑑定結果を重視。認知症の妻が徘徊(はいかい)したり薬を飲まないことでいら立ったと動機を述べた。責任能力は「証拠隠滅を図るなど言動は合理的で問題ない」とした。
 弁護側は、鑑定書や医師の証言から「ベッドに引き上げようとした際に複数回首が圧迫された」と主張。首が絞まったことによる呼吸障害と、頭を何かに打ち付けた頭部圧迫の外傷性脳内出血の複合的な要素を強調した。責任能力についても「介護で精神的負担を抱えていた」と述べた。
 この弁護側の主張に検察側は、佐藤被告が「妻をベッドに上げようとしたができず、自分で上がった」と供述したことから、合理的でないと主張した。
 起訴状によると、佐藤被告は08年8月30~31日、自宅1階寝室で妻の首を絞め、窒息死させたとされる。

「介護疲れた」 夫の首しめる 容疑の妻逮捕兵庫

 29日午前1時55分ごろ、兵庫県高砂市の無職、河井武さん(65)方から、女性の声で「夫の首をネクタイで絞めた」と119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、河井さんがベッドでぐったりしており、病院に搬送されたが意識不明の重体。
 高砂署は、殺人未遂容疑で同居していた妻の恵子容疑者(62)を逮捕した。恵子容疑者は調べに対し「介護に疲れて殺そうと思った」と供述しているという。
 逮捕容疑は、29日午前1時50分ごろ、自宅で河井さんの首を絞めて殺害しようとしたとしている。高砂署によると、恵子容疑者は河井さんと2人暮らし。河井さんは手足が不自由で、ほぼ寝たきり状態。恵子容疑者が1人で介護していたという。

▲このページの先頭へ