柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2009年10月

介護疲れによる事件・事故・裁判2009年10月

妻(75)を絞殺、夫(78)を逮捕:横浜市金沢区

3日午前11時10分ごろ、横浜市金沢区の無職、小川鉄雄容疑者(78)方から「介護疲れで妻の首を絞めた」と110番があった。神奈川県警金沢署員が駆け付けると、妻俊子さん(75)が1階居間のソファで横向きに倒れており、搬送先の病院で約11時間後に死亡した。同署は自宅内にいた小川容疑者を殺人未遂容疑で緊急逮捕、容疑を殺人に切り替えて調べている。

小川容疑者は同日午前10時ごろ、自宅1階居間で、俊子さんの首をネクタイで絞めて殺害しようとしたとしている。同署によると、小川容疑者は俊子さんと2人暮らし。「妻は7月中旬から認知症になり、10日ぐらい前から徘徊するようになった。究極の絶望感に駆られた」と供述しているという。

介護疲れ母絞殺 懲役5年の判決=神奈川

介護疲れなどから自宅で母親を絞殺したとして、殺人罪に問われた川崎市幸区の無職森田祐二被告(56)の判決が15日、横浜地裁であった。小森田恵樹裁判長は「末期がんの母親を献身的に介護していたが、周囲に協力を求めず、短絡的な発想から取り返しのつかない結果を招いた」と述べ、懲役5年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。

判決によると、金銭苦や介護疲れから心中を考えた森田被告は昨年8月30日午前4時頃、母親の節子さん(当時83歳)の首をタオルで絞めて殺害。自身は風呂場で水死しようとしたが失敗した。

弁護側は「うつ病の影響で犯行時は心神耗弱の状態だった」として減刑を求めたが、判決は「うつ病による判断力の低下はあったが、犯行前後の行動は合理的で妄想などの症状もない」として完全な刑事責任能力を認めた。

「介護疲れ」妻殺害:容疑者の夫は癌=愛知

愛知県警東海署は22日、同県大府市の無職長谷川友一容疑者(70)を殺人容疑で逮捕した。発表によると、長谷川容疑者は21日午前8時45分頃、自宅アパートで、就寝中の妻和代さん(66)の口をタオルでふさぐなどして死亡させた疑い。長谷川容疑者はその後、風呂場で左手首を切って倒れているところを、訪問した同市内の知人女性(50)に発見され、病院へ運ばれた。左手首に軽傷。同署で22日に和代さんの司法解剖をしたが、詳しい死因は特定できず、さらに詳しく調べる。

長谷川容疑者方は夫婦2人暮らし。和代さんが3年前に脳卒中で半身不随になって以降、寝たきりで、昼間はデイサービスセンターへ通所、夜は長谷川容疑者が介護していた。長谷川容疑者もがんを患っており、調べに対し、「介護に疲れ、妻を殺して自分も死のうと思った」と供述しているという。

80代夫婦死亡、介護疲れで無理心中か?=大阪

30日午後3時半ごろ、大阪府東大阪市の民家の寝室ベッドで、無職の女性(81)が死亡し、隣室で86歳の夫がひもで首をつって死亡しているのを、買い物から帰宅した50代の娘が発見、親族を通じて府警に通報した。布施署によると、家族に謝罪するような内容の夫の手紙が残されており、介護疲れによる無理心中の可能性があるとみて調べている。布施署によると、女性は夫と娘夫婦の4人暮らし。女性の首にはひもで絞められたような跡があった。

介護疲れで無理心中か 愛知・春日井の89歳と84歳夫婦

30日午前8時15分頃、愛知県春日井市のJR中央線高蔵寺駅で、同市不二ガ丘、川島樹多郎さん(89)がホームから線路に飛び降り、電車にはねられて死亡した。自宅居間では妻俊子さん(84)が死亡しているのが見つかった。

発表によると、俊子さんの首にはひものようなもので絞められた跡があった。同署は、樹多郎さんが俊子さんを殺害後、自殺し、無理心中を図ったのではないかとみている。樹多郎さん方は夫婦2人暮らし。俊子さんは認知症で、樹多郎さんが介護していたという。遺書は見つかっていない。

▲このページの先頭へ