柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2009年06月

介護疲れによる事件・事故・裁判2009年06月

介護疲れで母親絞殺:懲役7年を求刑 岡山県東区

寝たきりの母親(当時94歳)を殺害した罪に問われた東区の無職、黒住靖夫被告(68)の初公判が25日、岡山地裁であった。黒住被告は起訴状の内容を認めた。

検察側は「被告は98年に倒れた母を妻(70)と二人で介護していたが、事件前日に医師から妻にうつ病の疑いがあると言われ、自分だけでは母親の世話をできないと、殺害を決めた」などと動機を説明した。「身勝手かつ短絡的で、強固な殺意に基づく残虐な犯行」として懲役7年を求刑した。

一方、弁護側は「母親の意思を尊重し、11年間自宅介護を続け虐待もなかった」と主張。近所の住民から減刑の嘆願書が提出されたことから情状酌量を求めた。

黒住被告は今年1月8日、自宅で同居する母親の首をマフラーで絞めて殺害したとされる。