柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2008年09月

介護疲れによる事件・事故・裁判2008年09月

兄殺害未遂 水戸地裁は懲役5年:介護疲れに同情 茨城県つくば市

兄と母の介護に追われて、寝たきりの兄を刺して重傷を負わせたとして殺人未遂罪に問われたつくば市の無職、沼田利夫被告(57)に対し、水戸地裁は1日、懲役5年(求刑・懲役10年)を言い渡した。河村潤治裁判長は「自己中心的な犯行で刑事責任は重大だが、介護に追われていたなど同情すべき点もある」と減軽の理由を述べた。
判決によると、沼田被告は今年3月4日午前7時40分ごろ、自宅で就寝中だった兄(当時59歳)の腹部を包丁で2回刺し、全治3カ月の重傷を負わせた。

父親(当時100歳)殺害の長女を宮崎地裁に起訴

宮崎地検は10日、介護に疲れて実父の斎藤正行さん(当時100歳)を殺害したとして長女の佐藤智子容疑者(71)を殺人罪で宮崎地裁に起訴した。
起訴状によると、佐藤容疑者は昨年12月24日午後2時ごろ、自宅で就寝中だった佐藤さんの首を包丁(長さ16・9センチ)で切りつけるなどして殺害した。

妻子を殺害後に男性自殺図る 介護疲れか? 埼玉県川越市

10日午後埼玉県川越市の無職、福島忠さん(57)方から「妻と息子を殺した」と110番があった。川越署員が駆け付けると、1階和室の布団の上に福島さんの妻(53)と長男(27)が、首などから血を流してうつぶせで倒れており、既に死亡していた。

台所には、福島さんとみられる男性が手首から血を流して倒れており、病院に運ばれた。介護疲れをうかがわせる遺書が見つかっており、同署は無理心中を図った可能性が高いとみている。

義母殺害 懲役7年の判決 静岡地裁浜松支部

今年4月、認知症の養母(当時96歳)を殺害したとして殺人罪に問われた静岡県湖西市の無職、小関高司被告(66)に対し地裁浜松支部は24日、懲役7年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。