柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2008年06月

介護疲れによる事件・事故・裁判2008年06月

弘前の母絞殺 弁護側は嘱託殺人罪を主張

弘前市で今年1月、無職の金谷(かなや)ミツエさん(当時82歳)が自宅で殺害された事件で、殺人罪に問われた金谷さんの次女で看護師の北野原陽子被告(58)の第4回公判前整理手続きが12日、青森地裁であった。弁護側は金谷さんが北野原被告に「殺してほしい」などと話して殺害を同意していたとして、嘱託殺人罪を主張していく方針を示した。
起訴状などによると、北野原被告は1月6日午後2時半ごろ、同居していた金谷さんに対する介護疲れや職場関係、経済状態などの悩みから、寝室で金谷さんの首を布製のひもで絞め、窒息死させた。

弘前の父親絞殺 同居家族全員病気 検察側は懲役10年求刑

弘前市で今年3月に高橋兼松さん(当時83歳)が自宅で絞殺された事件で、殺人罪に問われた無職の長男、高橋鉄雄被告(58)の初公判が19日行われた。

検察側は「身勝手で自己中心的な犯行で用意周到だ。招いた結果は重大」として懲役10年を求刑した。弁護側は「高橋被告は両親の世話で疲れ果て、同居の家族全員も病気だったために生活も厳しかった。自ら事件の110番通報をしており、後悔もしている」などとして寛大な判決を求めた。

検察側は冒頭陳述で、被害者の兼松さん以外にも兼松さんの妻がうつ病と認知症であり、高橋被告の妻もうつ病となって通院していたことなど家族全員が病気だったことを明らかにした。

母の介護疲れ、殺人未遂 愛媛県新居浜市

27日愛媛県新居浜市で、認知症で歩行困難な母親の首を絞めたとして無職の高橋信太朗容疑者(52)を殺人未遂の容疑で逮捕した。

高橋容疑者から「母の首を絞め意識がなくなった」と119番通報があり、救急隊員が駆け付けたたところ、母シヅ子さんが倒れていたが意識を取り戻して命に別条はなかった。高橋容疑者とシヅ子さんは2人暮らしだった。

父殺害長男に懲役7年 「介護疲れによる犯行とは一線を画す」弘前

病気療養中の父親の首を絞めて殺害したとして、殺人の罪に問われた長男の弘前市の無職高橋鉄雄被告(58)の判決が27日、青森地裁であった。渡辺英敬裁判長は、「犯行は強固な殺意に基づく悪質な態様」などと述べ、懲役7年(求刑・懲役10年)を言い渡した。

判決によると、高橋被告は3月29日午前5時40分ごろ、自宅1階寝室で、病気療養中だった父親の兼松さん(当時83歳)の首をタオルで絞めて殺害した。

渡辺裁判長は判決で、動機について「自己の将来への不安などから一方的に被害者に対する憎しみを強めた。介護疲れによる犯行とは一線を画す」とした上で、「家族の病気などにより、精神的に追い詰められたことについては同情する余地がある」と量刑の理由を述べた。

長男が一家3人殺害 「介護疲れ」秋田県八峰町

秋田県八峰町で一家3人が殺害されて見つかった事件で、長男の無職鈴木喜造容疑者(65)が犯行を認める供述をしている。

調べよると、死亡した3人は1階で倒れていた。凶器はハンマーだという。近所の住民によると喜造容疑者は歩行困難な鈴木善市さん(93)と、療養中の妻千代子さん(65)の介護で疲れていたという。

「老老介護」社会が対応出来ない結果の悲しい事件 94歳に猶予判決

川崎市川崎区で無職の新井吾一被告(94)が認知症で寝たきりの妻マスエさん(87)の首を絞めて殺害した事件で横浜地裁川崎支部は、懲役3年、執行猶予3年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

加登屋裁判長は判決で「家族全体で相談するなどの現実的手段を取らず無理心中を図った」と被告を非難したが「社会内で余生を精いっぱい生き抜くことが、奥さんへの償い」と述べた。また、「 高齢者が高齢者を介護するひずみに、社会全体が対応し切れていない」と語った。

最高裁によると、殺人罪での有罪判決の最高齢 は、98年6月に知的障害者の息子を絞殺して起訴された母親の96歳だという。

▲このページの先頭へ