柏市 我孫子市 取手市 ドットコム治療院「特集記事」

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>介護疲れによる事件・事故・裁判>2008年04月

介護疲れによる事件・事故・裁判2008年04月

「介護ストレスによる心神耗弱状態」を退ける 大阪地裁

介護疲れを理由に夫の首を絞めて殺したとして、殺人の罪に問われた大阪府八尾市の無職、小倉貴己子被告(61)の判決が10日、大阪地裁であった。西田真基裁判長は「介護を一手に引き受ける状況に同情すべき点はあるが、被害者の将来を悲観しての犯行とは言えない」として、小倉被告に懲役3年(求刑・懲役6年)を言い渡した。
判決によると、小倉被告は07年9月27日夜、自宅でパーキンソン病を発症し認知症を患っていた夫の無職、正治さん(当時59歳)の首をストッキングで絞めた。同年10月12日に搬送先の病院で正治さんは死亡した。
弁護側は、正治さんが発症後に自殺未遂を繰り返し、犯行時も両手を自らの首に押し当て殺害を嘱託したと主張したが、判決では「被害者には死ぬことを理解して選択する能力はなかった」とし、さらに介護ストレスなどから心神耗弱状態だったとした点についても退けた。

寝たきり母殴られ死亡 28歳男逮捕 岐阜県羽島市

自宅で母の渡辺美都子さん(63)の顔などを殴り、11日午前10時55分ごろ外傷性右硬膜下出血で死亡させた疑いで、岐阜県羽島市の会社員で息子の渡辺将行容疑者(28)を傷害致死容疑で逮捕した。

調べでは渡辺容疑者と美都子さんは2人暮らしで、美都子さんは2月ごろから寝たきりだった。容疑を認め「介護疲れがあった」と供述しているという。

妻の介護疲れ無理心中か 群馬県邑楽町

15日午前11時5分ごろ群馬県邑楽町で富岡署の捜査員が当て逃げ事件の捜査中に同市の無職新井金光さん(68)と妻の一子さん(66)の遺体を発見した。新井さんは自宅の物置で首をつった状態で、妻の一子さんが首などから血を流した状態で発見された。自宅からは遺書らしきものが見つかった。

調べでは、 一子さんは胃がんでほぼ寝たきりだったことから介護に疲れた新井さんが一子さんを殺害し、自殺を図ったとみて調べている。近所の住民によると、新井さん夫婦は手をつないで散歩するなど仲が良かったという。

「現実逃避の犯行、介護疲れによる殺人ではない」 懲役10年を求刑

香川県多度津町で寝たきりの父親を殺害して殺人罪に問われていた 無職、三宅孝義被告(57)の論告求刑公判が18日、高松地裁(菊池則明裁判長)であった。検察側は「現実から逃避するための犯行。介護疲れによる殺人と同列に扱うべきでない」などとして懲役10年を求刑。 弁護側は「足の激痛が可哀そうということでとっさの判断だった。刑を軽くして社会復帰させるべきだ」と情状酌量を求めた。

「後期医療」が生活を圧迫? 58歳男性、87歳母と無理心中

死亡したのは山形市の長橋安男さんと母キミ子さん。20日午後、安男さんが自宅の物置小屋で首をつっているのを親族が見つけ、キミ子さんも自宅寝室で死んでいた。司法解剖で、キミ子さんは頸(けい)部圧迫による窒息死と判明した。

民政委員や近隣住民らによると、安男さんは介護が必要だった母親の入院について悩んでいた。また、後期高齢者医療制度が始まったことについて「母親の年金から保険料が天引きになって生活が大変」と漏らしていたという。

夫殺害の妻を逮捕「介護疲れた」 愛知

愛知県警蟹江署は30日、夫を殺害したとして、同県蟹江町蟹江本町、無職江崎喜代江容疑者(65)を殺人容疑の現行犯で逮捕した。発表によると、江崎容疑者は同日午前1時ごろ、自宅で、夫の美津雄さん(69)の首を腰ひもで絞めて殺害した疑い。同容疑者は自ら110番通報。江崎容疑者は「夫は20年ほど前からそううつ病で、暴れたりすることに我慢しきれなくなった。介護に疲れた」と供述している。

▲このページの先頭へ