柏市 我孫子市 取手市 訪問リハビリマッサージ ドットコム治療院-用語解説集

柏市 我孫子市 取手市の介護 リハビリ

訪問マッサージトップ 訪問マッサージ無料体験 家族訪問マッサージ治療 訪問マッサージ料金 訪問マッサージ地域 訪問鍼灸 ドットコム治療院Q&A
ホームページ内検索エンジン
訪問マッサージトップ>用語解説集>併給の禁止

併給の禁止

鍼灸治療に関しては併給の禁止があります。併給の禁止とは、同じ疾患で病院の治療と鍼灸の保険治療を受けてはいけないということです。

例えば、腰痛症の患者さんが保険を使い鍼灸治療をしている間は病院で腰に対して電気治療をしたり、牽引治療をしたり、湿布をもらったりしてはいけないというもの。

ただし、鍼灸治療を受けている疾患と違う疾患で病院にかかるのは問題はありません。また、鍼灸の保険治療ではなく自由診療の場合は病院と同じ疾患でも問題ありません。

例 保険を使い鍼灸院で腰痛の治療を受け、病院で膝の治療を受けるのは問題ありません。

例 鍼灸の自由診療で腰痛の治療を受け、病院で腰痛の保険治療をうけるのは問題ありません。

訪問鍼灸って何?も参考にしてください。

※マッサージ治療に関しては併給の禁止はありません。

注意

同じ疾患で病院と鍼灸院で保険治療を受けた場合は、その月の鍼灸治療が保険適用されずに患者側が全額負担となります。

ドットコム治療院では保険診療に関するサポートを行っています。不明な点がありましたらご連絡下さい。

▲このページの先頭へ